mark

○西北五環境整備事務組合財務規則(平成3年3月26日規則第5号)

(趣旨)
第1条 この規則は、法令又は条例その他別に定めがあるものを除くほか、西北五環境整備事務組合(以下「組合」という。)の財務に関し必要な事項を定めるものとする。
(出納員等の設置)
第2条 会計管理者の事務を補助させるため、出納員、分任出納員、会計員及び現金取扱員を置く。
2 分任出納員は、出納員の取扱事務の一部を行うものとする。
3 会計員は、上司の命を受けて会計事務を行うものとする。
4 現金取扱員は、現金の出納事務を行うものとする。
(出納員の任命)
第3条 出納員(現金出納員及び物品出納員をいう。以下同じ。)は、次長の職にある職員をもって充て、その在職期間中、出納員に任命されたものとみなす。
2 前項の規定により出納員に充てられた者に事故あるとき、その他特別の理由があるときは、管理者は、会計管理者の内申する職員を出納員に命ずる。
(分任出納員)
第4条 分任出納員は、別表第1に定める職にある者をもって充て、その在職期間中分任出納員に任命されたものとみなす。
2 前項に規定するもののほか、管理者が必要と認めるときは、出納員が指定する職員を分任出納員に任命することができる。
(会計員の任命)
第5条 会計員は、事務局経理係長の職にある者をもって充て、その在職期間中会計員に任命されたものとみなす。
(現金取扱員の任命)
第6条 現金取扱員は、別表第2に定める職員をもって充て、その在職期間中現金取扱員に任命されたものとみなす。
2 第3条第2項の規定は、現金取扱員の任命について準用する。
(会計事務の委任)
第7条 会計管理者は、その権限に属する事務のうち所管に係る収入金、手数料及び歳入歳出外現金の収納、つり銭現金の保管並びに所管に係る物品の出納保管及び記録管理に関する事務を出納員(次長の職にある者に限る。次項において同じ。)に委任するものとする。
2 出納員は、別表第1に定める事務を分任出納員に委任するものとする。
(つり銭用現金の保管等)
第8条 会計機関は、必要に応じて、つり銭にあてるため現金(以下「つり銭用現金」という。)を保管することができる。
2 会計機関が、つり銭用現金を必要とするときは、会計管理者に請求するものとする。
(指定金融機関の指定)
第9条 地方自治法第(昭和22年法律第67号)235条第2項及び地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第168条第2項の規定により指定する指定金融機関は、株式会社青森銀行とする。
(準用)
第10条 この規則に定めるもののほか、組合の財務事務の執行に関し必要な事項は、五所川原市の規定を準用する。
附 則
この規則は、平成3年4月1日から施行する。
附 則(平成5年規則第5号)
この規則は、公布の日から施行する。
附 則(平成10年規則第2号)
この規則は、平成10年10月1日から施行する。
附 則(平成15年規則第5号)
この規則は、公布の日から施行する。
附 則(平成15年規則第6号)
この規則は、公布の日から施行する。
附 則(平成17年規則第7号)
この規則は、平成17年3月28日から施行する。
附 則(平成19年規則第4号)
この規則は、平成19年4月1日から施行する。
附 則(平成29年規則第1号)
この規則は、公布の日から施行する。
附 則(令和2年規則第2号)
この規則は、令和2年4月1日から施行する。

別表第1(第4条関係)別表第1(第4条関係)

別表第2(第6条関係)別表第2(第6条関係)


TOP